ROOT

#2 : F/CE.® DRY LINE NO SEAM SERIES

#2 : F/CE.® DRY LINE NO SEAM SERIES

このFEATUREでは、
その時ROOTがオススメをするアイテムにフォーカスし、言葉と視覚でお届けする月1回の企画。

第2回は、9月に発売を開始する、ニューライン F/CE.® DRYラインのラインナップをお届け。

【F/CE.®】‥ コレクションのテーマは、世界中から選ばれた一つの“国”。テーマとなった国を実際に訪れて生活、歴史、アート、音楽などの文化に触れ、そこで感じたインスピレーションをデザインに落とし込んでいきます。テーマ=国は、いくつかのシーズンを経て変わっていきます。もうひとつ大事にしているのはスペック、機能性。そして道具としての完成度の高さ。日常生活を快適に過ごすための機能に、旅から得たイメージを乗せることで、F/CE.®のプロダクトは完成します。

 

表紙

 

私たちの住む日本のほとんどは温帯に属していて、夏と冬の気候が違うことが明確だ。
近年、日本は、春・夏・冬と、秋を通り越して冬が来るなんていう見方さえされるほど、残暑が厳しく長引く年も近年多い。

 

私たちが住む日本は、毎年梅雨もあり、7月から10月にかけ台風に見舞われることも多く、
とっさの雨への対策は吉と出ることは間違いない。

 

F/CE.®から9月にリリースされる、DRY LINE シリーズ NO SEAM BAGコレクション。
その名の通り、無縫製、防水に特化したF/CE.®のラインとしてデビューを控えている。

素材には、500デニールのCORDURA RIP STOP NYLONを使用し、カラーはキャメルとブラックの2色、7タイプのニューモデルを展開予定。

それでは、アイテムバリエーションをご覧いただきたい。

 

 

入稿トロリー

NO SEAM 2WAY TROLLEY CASE
バックパックとして背負うことのできる2WAYトロリーケース、
2泊3日を想定した47Lの内容量に加え、CORDURA NYLONを用いたことによる軽量化や、形状の柔軟性にも特化した。ハンドルの長さも調整でき、飛行機の機内持ち込みも可能なサイズとなっている。

 

 

 

 

入稿NODP

NO SEAM DAY PACK
タウンユースに特化した新型モデルのバックパック。
昨シーズン完売し、今シーズンも展開をしたロールトップ型のバッグに比べ、サイドのボトルホルダーや、メインコンパーネントの奥行きや、開閉の気軽さなど、操作性もタウンユースにアレンジ。シーンを問わず活躍が期待出来る。

 

 

 

 

入稿カメラバッグ

NO SEAM TOOL BAG
F/CE.®に必要不可欠なTOOL BAGをDRY LINEで新たに展開。
NO SEAM モデルとしてインナーにクッション性の高いパッドが付属する、完全防水ツールバッグ。
カメラやキャンプで使用するランタン、工具などを収納することができ、仕切りも収納物によって調整が可能なため、入れるものを選ばず、また、もちろん防水のためシーンも選ばない。
ショルダー、ハンドバッグとしても使用可能。

 

 

 

 

入稿3WAY

NO SEAM 3WAY DUFFLE BAG
荷物の量や、シーンによってショルダー、トート、バックパックとして3通りの使い方が可能。
間口のZIP LOCK使用は気密性も高く、高い防水性を約束する。
タウンユースはもちろん、ショートトリップにも最適なバッグとして活躍できることだろう。

 

 

 

 

入稿ウエスト

NO SEAM WEIST BAG
内容量4Lと程よい大きさのNO SEAM WEIST BAG。
ウエストバッグとしてだけではなく、肩がけやショルダーとしても使う人のライフスタイルにあわせた使い方ができる。ショルダーには強度があり、耐熱性や耐寒性、軽量性に優れたネオプレン素材を用い、使用時のストレスを軽減するとともに、フェスやキャンプなどのアウトドアユースでの機能性も約束。

 

 

 

 

入稿パスポートケース全体

NO SEAM PASSPORT CASE
約20cm大のパスポートケースは、文字のごとくパスポートやカードはもちろん4cmとマチの余裕があるため、スマートフォンも入れることができる。バッグの中で水から守る最後の砦として一つあると便利なギアではないだろうか。また、アクティビティの時などは、簡易的なウォレットとしても使用できる万能アイテムとしても期待ができる。

 

 

 

入稿サコッシュ

NO SEAM TRAVEL SACOCHE
スタンダードアイテムとして定着しつつあるサコッシュ。F/CE.®ではマップケースの様な縦型のサコッシュを制作。その独特なシルエットには、旅から得たインスピレーションが最大に落とし込まれており、スライド式のショルダーストラップはバックル部を手元に引き寄せやすく、防犯性も高い。ストラップは着脱が可能なため、防水のポーチとしても使用ができる。また、iPhone6や6Sサイズのインナーケースも付属し、高い防水性を実現している。

 

 

 

何か機能に特化したアイテムと聞くと、普段使いがなかなか難しく感じるかもしれない。
だからこそ、その真価を日常の中で感じてみることをオススメさせていただきたい。

理由がある道具は、時間を超え、シーンをも越える。使う人の生活様式を選ばずに使うことのできる道具。
大げさかもしれないが、そんな実感が湧くことだろう。

 

入稿DRY全体

 

あなたの生活を豊かにする、そんなファンクショナルなアイテムを提案するF/CE.®。
ぜひ、DRY LINE NO SEAM BAG SERIES を手にとってみてはいかがだろうか。

 

本シリーズは、9月初旬、中旬の発売を予定しております。

 

ROOTでは入荷のご連絡も受けたまわっております。

お問い合わせは、こちらから、または 03-6452-5866 / info@openyoureyesinc.com までごお問い合わせください。