ROOT

F/CE. Tecnical Down LINE

F/CE. Tecnical Down LINE

10月も残りわずかになりました。

 

台風が来たり、雨が続いたり、天候が不安定で嫌な気分になります。

 

 

でも、悪いニュースばかりでなく良いニュースもあります!

22日は即位礼正殿の儀があり、当方はずっとTVで中継を見ていました。(大雨だったので)

 

途中からさっきの大雨は嘘だったかのように晴れてきたのにはビックリしました。

 

やっと「令和」が始まった気がします。

 

 

 

始まったといえば、現在ROOT代官山で開催されているNANGAのPOP UPもかなり賑わっているようです。

当方はキャンプ初心者なんですが、寝袋欲しくなってきてます、、、

 

 

NANGAのダウンも好評ですが、今回はF/CE.オリジナルの「Tecnical Dawn LINE」をご紹介したいと思います。

 

 

 

Tecnical Dawn

F/CE.が長い年月をかけて培ってきた、ダウン製品の開発に、私達が考える現代のニーズに必要な軽さと暖かさの機能を追求し、機能を織り交ぜたTechnical downシリーズを開発しました。 
良質なホワイトグースの羽毛自体にテフロンコーティングを施し、防水性を高めた羽毛を封入したテクニカルダウンを制作。
テフロンコーティングは撥水性が高まるばかりではなく、汚れも付着しづらく、さらには丸洗いできる利点もあ ります。
そして、羽毛を広げた状態でコーティングするため、ロフトの膨らみも増し、暖かさも向上します。
表地には超軽量の10デニールの、ナチュラルストレッチ素材に、羽毛の吹き出しを極力抑えるべく、ダウンプルーフコーティングを施しているため、着心地がよく、軽量で、撥水性にも優れています。
またホワイトグースダウンを使用することにより、コンパクトさも実現。
製品には様々な服作りを形成する新しいテクニックを随所に使用しており、メルティング技術で圧着したジッパーや、表地を二層にし、生地を溶着し、縫い目を極力減らすようなインナーダウンなど、多岐多様に程よく機能性を主張。
軽さと、暖かさに様々な加工技術を駆使することにより、現代の気候や、ライフスタイルにあった、新しいダウン製品を提案します。
 
 
 
まずは、要望の多かったロングダウンコートのショート丈バージョン。

テフロン加工され、撥水性もあり、軽いので気軽に自転車でお出かけ時にサッと羽織ったりもできるコーデしやすいアイテムです。

適度にシャイニーで立体感があるのも新鮮です。f1902cd0001_a

 

f1902cd0001_b

 

f1902cd0001_c

 

 

続いて圧着キルトのインナーダウン。

こちらは、ノーカラー、ワイドスブレッド、フードとシーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAY。

しかも、収納袋もついているので持ち運びもできる汎用性の高いアイテムです。

アイテムのキルティングは縫い目がないので羽毛が出にくいのも魅力です。

 

f1902cd0004_a

 

f1902cd0004_b

 

f1902cd0004_c

 

f1902cd0004_d

 

f1902cd0004_e

 

BLACK,NAVY,CAMELの合わせやすい3色展開。

インナーダウンとしては勿論、アウターとしても使い回せる便利なアイテムです。

 

何気に持ち運びができるのが嬉しいですよね、この時期はちょっと寒くなったらサッと着れるので。

冷え性の身としてはマストなアイテムです!

 

オンラインストアでは既にアップデート済みなので是非ご覧ください。

下の画像クリックで商品ページに飛びます。

 

r070_1339

F/CE. WELDED 3WAY INNER DOWN

29,000yen + TAX

 

 

r004_067

F/CE. NO COLLAR DOWN BZ

38,000yen + TAX