cart

0

JOURNAL

21.08.03

FEATURE

F/CE®️ × NANGA

日本を代表するダウンファクトリーのNANGA。
使用しているのは、ヨーロッパ産の成熟した水鳥の羽毛。
長年培ってきた、羽毛の選定・洗毛・管理のノウハウによって、国内洗浄された羽毛のみが使用される。
日本で羽毛を精製することにこだわることで、羽毛本来の温湿度調整が非常に高く、特有の臭いが少ないダウンが作られる。
F/CE.はそのプロセス、クオリティに共感し、毎シーズン取り組みをしている。

今シーズンは2種類の素材を主軸に展開。

F/CE.がダウン向けに開発したFLIGHT(エフライト) NYLON66 20Dの加工糸を使用したリップストップファブリック。耐水圧20,000mm、透湿性20,000g/smというハイエンドレインウェアと同等のスペックを持ち、高い透湿防水性を実現した機能素材。また軽量でメカニカルストレッチ素材のため、ソフトでなめらかな風合いを保ち、高機能且つ着心地にもこだわった希有なファブリックです。

アウトドアやキャンプなどのアクティビティに最適な難燃素材 機能性を追求するF/CE.では、都市生活のみならずアウトドアでも活躍するダウンウェアを開発。 アウトドアウェアによく使用される合成繊維のナイロンやポリエステルは、融点が低い。本素材には軽量でタフさと難燃性を併せ持つアラミド繊維が練り込まれており、焚き火などの火の粉により衣服に穴があくことを防ぎます。

FT DOWN REVERSIBLE VEST

FLIGHTを使用したビッグダウンベスト。 リバーシブルになっており、配色カラーやステッチの有無を楽しむことができます。 ドロップショルダーのため、かっちりしすぎず丸みのあるデザインです。

FT LONG DOWN COAT

FLIGHTを使用したロング丈のノーカラーダウンコート。 モードなノーカラーで、ステッチレスのシンプルなデザインがコンテンポラリーな印象に。 サイドのスリットがプランサーにより容易に開閉可能です。

FT STAND DOWN COAT

FLIGHTを使用したセミロング丈のスタンドダウンコート。 袖の部分だけ外ステッチにし、シンプルな中にもひねりを効かせた1枚。 基本はAラインですが、裾にドローコードを付いており絞っても着用可能なデザインです。

FIRE RESISTANT DOWN HOODIE

難燃素材を使用したロング丈のフード付きダウンコート。 フードは取り外し可能で、取り外すとスタンドカラーに。 ゆったりとしたオーバーサイズシルエットにより、着やせ効果も期待できます。

T LONG DOWN HOODIE

FLIGHTを使用したロング丈のフード付きダウンコート。 裾のドローコードでシルエットの調節が可能。 軽量でメカニカルストレッチが効き、ソフトでなめらかな風合いを保つ。

MINIMAL DOWN JK

FLIGHTを使用した新型のショート丈のジャケット。 ステッチレスでミニマルな印象に仕上げています。 背面にはポケットがあり、グローブやストールを 収納することができます。

FIRE RESISTANT DOWN JK

難燃素材を使用した定番N3B型のショートジャケット。 袖とフードには調整ができるドローコード、背面グローブポケットなどが装備されたスタンダードモデル。 ジャストサイズのフィッティングです。

FT BOMB JK

FLIGHTを使用した定番の型のショートジャケット。 フード回りは形状記憶のワイヤーを通し、好みの形のキープが可能に。 止水ファスナーを用い、アーバンライクかつ極寒の地でも対応できるダウンジャケットです。

BLOCK HUNTING COAT

FLIGHTを使用した新型のハーフ丈ハンティングコート。 ダウンステッチをブロック状に施したボックスシルエットになっており、モダンな印象に。 オーバーサイズでボリューム感があるにもかかわらず、羽毛が軽さと温かさをもたらします。

STAND LONG DOWN COAT

FLIGHTを使用したロング丈のダウンコート。 ウエストベルトが付属し、風の侵入を防ぐことが構造です。 収納可能なフードがあり、フードをしまうとスタンドカラーに。

FT HALF DOWN PARKA

LIGHTを使用したハーフ丈のダウンパーカー。 オーバーサイズでゆったりとしたシルエット。 ミリタリーライクなダウンパーカーを、ミニマルな印象にデザインしています。

FT DOWN SCARF

FLIGHTを使用したダウンマフラー。 小さく丸めてマフラーに付いているポケットに小さく収納できるポケッタブルデザイン。 軽量で首や肩への負担が少なくストレスフリーで使用可能です。

F/CE®︎ × NANGA interview backnumber

戻る